南海グリル


品質へのこだわり

宮崎牛日本を代表する黒毛和牛の産地、宮崎県。
緑豊かな大地で、丹精込めて育て上げられた宮崎牛は、2008年日本一の称号をいただきました。

その由緒正しき黒毛和牛を、国内屈指の衛生管理システムを備えた(株式会社ミヤチクの)高崎・都農工場より、直接南海グリルへ配送されています。

南海グリルでは、配送からお客様の元に届くまでの間、徹底した温度管理を行なっておりますので、新鮮かつ高品質な牛肉を、安心・安全にご提供することができるのです。

※ヘレステーキに関しては、希少価値が高いため、大変需要が多く、一部九州産に限定して
使用する場合がございます。
詳細は、トレーサビリティをご覧下さい。

トレーサビリティとは?

野菜や肉などの生鮮食品について、生産・流通の履歴を辿ることができることを言います。
トレーサビリティを調べたい方は、牛の個体識別情報検索サービスをご覧下さい。
固体識別番号から牛の個体識別台帳に記録されている出生の年月日、雌雄の別、母牛の個体識別番号、種別(品種)、飼養場所の履歴の検索ができます。

Step1 仕入れ

生産農家の方々と、二人三脚で取り組み“生産者の顔が見える”牛を仕入れています。
国内屈指の衛生管理システムを備えた(株式会社ミヤチクの)高崎・都農工場より、南海グリル仕様の牛が直接配送されます。

Step2 熟成

肉は新鮮なものが一番というわけではありません。ゆっくり熟成させることで旨味が増し、サシ(脂肪)も入ってきます。
ビフテキの南海グリルでは、チルドルーム内のヒノキの棚に牛肉を寝かせて熟成させています。熟成期間は20日間以上。
プロの目で肉質を見極め、最もおいしいタイミングで提供しています。

Step3 ブッチャー

熟成が終わったら、牛肉を切り分ける「ブッチャー」の出番です。
ブッチャーとは、通常一頭買いを行なっていなければ、習得できない特別な技術であり、 南海グリルでは、そのブッチャーを習得した熟練のシェフ達により、それぞれの肉質や部位に応じたカッティングを行なっております。
そして、すべてをおいしく調理できるよう、常に心を配っています。

Step4 調理

ビフテキの南海グリルには、鉄板焼、和食、パーティ・宴会など、バラエティ豊かなレストランがあり、それぞれ個性的なメニューをご用意しています。
すべてに通じるのは「宮崎牛をいかにおいしく食べていただけるか」。
調理方法やメニューにも工夫をこらし、最もおいしい状態で、お客様にお届けしています。

Step5 お客様の元へ

各種レストラン、小売、通販など、さまざまな方法でおいしい牛肉をお届けしています。
ポピア南海1Fミート、堺みやざき館「KONNE」にて、ご家庭用並びにギフト商品を販売しております。
また、全国配送、通信販売も承ります。

ページ上部へ

  • 通信販売
  • ぐるなび
  • KONNE